LOG IN

日本に離島がありすぎて幸せな件

by miku tsuchiya

*タイトルバックの写真は徳島港から淡路島に向かう船から撮った瀬戸内海と島々です。

タイトルにもあるように日本には実に6,847の島々があります。これは本土5島を除いた数です。
そのうち6,430が無人島で、残り418が有人島です。この数字は国土交通省が平成28年に出している資料に記されています。ただ、実はこの数字は確かではないのです。島の数を数える機関が変わればまた少し違う数字になったりしますし、私が個人的にどこが数えてもしっかりした数字は出せないんではないかと思っています。あと、みなさんが一般的にイメージする人が上陸できる島以外もカウントされています。それは◯◯島という名称ではなく、「岩」、「瀬」、「鼻」、「礁」などの呼称である、島とは言えない言ってみれば海面から突き出てる岩だったりです。この話でよく出てくるのが沖ノ鳥島です。島とは言いますが見た感じは岩礁です。排他的経済水域の問題等でこの話は政治的にも国際的にもかなりデリケートな話なんでしょうけど、普通の人が見たら岩礁です。岩です。ただ、実際は島と呼べる条件を揃えているので事実は島なんだそうです。なので私もここで沖ノ鳥島は島だと言い切っておきましょう。あまり政治的な論争には巻き込まれたくはないですが、夜な夜なクラブでパリピしてる人たちに沖ノ鳥島の写真を見せて「これは島ですか?岩ですか?」と質問したら殆どのパリピが岩だと答えるでしょう。そのくらいビジュアルは岩感が満載であることは隠しようがありません。でもどんなに岩感が満載でも島なんです。これも認めざるおえない事実です。

兎にも角にも、我が国日本には80歳まで元気に生きられたとしても行ききれないほどの離島があるのです。岩みたいな島は置いておいて、有人島だけでも400ちょっとあって、無人島も上陸できる島が意外と多いので、それを考えても500弱くらいかな。シマダス(日本の島ガイド本の最高峰、島好きのバイブル)やネットで地図を見ていると本当に胸踊ります。長生きしようかなと思いますね。

ということで、どうゆうことで?

《今アツイ島ベスト5》

1位 小笠原諸島 父島

東京 竹芝から24時間の船旅です。観光客のそれ以外の行き方はありません。
大陸と一度も陸続きになったことがない島で、多くの固有種が存在しています。
映画で有名な硫黄島と同じ時に戦地となった歴史もあり、学び知ることが多い島だと思います。
どうせここまでいくなら母島にも行きたいので船のスケジュールの関係で12日の連休が必要となります。
【2018年5月 上陸予定】

2位 大東諸島 南大東島

沖縄だけど沖縄じゃない島。
一応、沖縄県に属する島だけど、歴史的にも位置的にも沖縄というよりも伊豆諸島や小笠原諸島の色がある島。歴史的には明治時代に八丈島の開拓団が無人島であった南大東島へ入った歴史がある。
断崖絶壁に囲まれた地形のため、船が接岸出来ないので人の上陸もクレーンで行う。何よりもこのアトラクションが楽しみ。
【2019年 上陸予定】

3位 大隅諸島または薩南諸島 硫黄島

茶褐色の海を持つ火山島。
鉄分を多く含む温泉が湧き出ているため、海は茶褐色に染まっている。
火山島であるため眺めの良い天然の温泉がいくつかある。
鹿児島港からフェリーみしまで確か2時間くらい。どうせいくならこの船で竹島、黒島まで回りたいところ。
【2018年10月 上陸予定】

あぁごめんなさいベスト5まで書こうと思ったけど
眠くて眠くて3までしか書けませんでした。本当は1〜3位を残しておけば良かったけど、4位5位はまた次回に書きます。書かないかもしれないけど。
島のこと考えてるとあっという間に時間が過ぎるなぁ。

今日も寝る直前まで島がいっぱいありすぎて幸せな私でした。
めでたしめでたし。

穴埋めに淡路島から見る瀬戸内海の夕日をどうぞ。


写真の世界では抜け感が大切だったりします。
それを意識して今回のブログ記事も抜け感出してみました。
中途半端と抜けって実質は同じだと思う私の写真もよければ見てね!


miku tsuchiya
OTHER SNAPS