LOG IN

ひとり旅と偏見

by miku tsuchiya

どんな世界にも『偏見』というものはある意味欠かせないものだと思います。
人は通常、何かを判断するときに自分の世界観を基準にして物事を見ます。何か基準になるものがなければ判断したり感想を持つことは難しいからです。
世の中には偏見を持たずに多くのいろんな考えを受け入れようみたいな動きがありますが、
いやいやそれって、それ言ってるあなたは本当に偏見というものを持たずに生きているの?っと思うのです。あたかも偏見を持たないことが正義かのように語るのは無理な部分があると思います。
人は『自分』を生きている限り、偏った見方をするものです。それは普通です。
社会で生きる上でのモラルやら常識ですら、少しいつもと違う世界に行けば、いつもの常識もいとも簡単に吹っ飛んでしまうものですから。
それは大きな枠組みで言うと日本からインドに行った時、小さな枠組みで言えばこの小さな6畳の部屋から玄関を出て家の外に出た時。
そして例えば私。偏見の塊です。
自分の考えを超えることが起こると心を痛め、自分の中で考え煮詰めることが癖です。
『自分』を生きている限り偏見というのは続きます。何度も言いますがこれが普通。これは至って健康的な反応だと思います。
でもそれでは窮屈でした。毎日がつまらなかった。きっともっと違う世界があるはずなのに見えない。
予想外のことを笑顔で楽しめる心が欲しかった。
けど自分の考えを超えることは自分の中だけでは出来ない。
そんな心が好奇心で向いたのが一人旅でした。離島というのは後からくっ付いてきた要素です。

好奇心で憧れのイリオモテヤマネコに会いに西表島へ
会えたのは剥製



今年の6月に八重山諸島の黒島へ行った時の出来事です。
黒島港から無人島である新城下地島へ連れて行ってもらう船の上で出会った夫婦との会話で、前日に西表島から由布島へ渡るときに一人旅らしき若い男性を見たようで、その話の中で旦那さんが呆れたように「あぁああいう奴もいるんだな」と言っていました。言葉の数は少ないですが、この感想の中には『一人旅なんて理解できない』という意味があるんだろうなと思いました。因みにこの言葉を発した時点ではこの方は私がそのああいう奴の一人である一人旅で来ていることは分かっていませんでした。「えぇ〜私も一人旅ですが一人もいいですよ」と言うと少しばつが悪そうな感じになっていましたが、この方も一人旅を否定した訳ではなくて自分の価値観からの感想の述べたに過ぎません。にしてもやっぱり受け取った私側からしたら、やっぱり一人旅ってどこかそうゆう目で見られてるんだろうなといい気持ちはしませんでした。私からしたら偏見です。ただその偏見に対して怒りとか理解してほしいとかは正直ないです。
旅のスタイルは人生同様、人それぞれ十人十色です。私も小さな島国日本でまだ十数島を巡っただけですが、同じ狭い日本の中でもちょっと船で海を越えて離島に行けば同じものに対しての価値観が全く違うし、時間の流れ方すら違ってしまうのです。そんな所にひょいと観光客が自分のお里の常識で乗り込んで来るんだからそれこそ偏見のぶつかり合いみたいなところはあります。
それは観光客同士の旅のスタイルに対してだったり、島の人と観光客のマナーや習慣の違いだったりいろんなパターンがあります。
ただその偏見を楽しめる人が旅上手であり生き方上手なのかと思います。
例えば八重山で食べたヤギ汁。あんな可愛い動物食べるなんてありえない(牛、豚、鶏は食べてるくせにね)。しかも八重山の人たちは犬みたいにヤギをペットとして飼っているじゃん。なのになんで?よく分からない。そこで何で?と思い話を聞く。とにかく分からないけど、せっかく来た地のことだし理解したいからヤギ汁を食べてみる。偏見とは少々ズレるかもしれない話だけど、こんな歩み寄りを楽しめたらいいと思います。最終的に理解できなくても、この行動が偏見と言う言葉を少しマイルドにしてくれるのかな。偏見がマイルドなると何になろだろう?異文化、未知的体験、とにかくポジティブなものになる気がします。そもそも人間自体が偏っていなければモノの見方の偏見と言うものはネガティブなものではないんだと島旅で気付いたのです。偏見はたくさんあるけど、否定はしないで興味を持てばどんな人とでもどんな環境でも楽しめるような気がします。

ヤギのペットのシロちゃん 西表島にて


余談
偏見よかカメラ女子とか島ガールとか言われるのが嫌いですね(笑)自分のジェンダーの部分を取り上げられるのは嫌です。カメラも島も本来は女性が関わることではないみたいな大昔の風潮を今も当たり前のように掲げて、その中でカメラ扱ったり島に行ったりする数少ない女性みたいなことを言いたいのか何なのか。カメラ女子も島ガールも深読みする私にとっては気持ち悪い言葉です。大体にして、名詞に女子とか男子とか取って付けたような造語は商業的な策略が目に見えてうっとうしいですね。

どうよ面倒臭い人でしょ!ご静聴ありがとうございました。



インスタもあります。
が、最近は島に行けてないので写真はネタ切れです。
が、見てね!




miku tsuchiya
OTHER SNAPS