LOG IN

うちの犬の話

旅の風景写真を撮るのが好きな人だと思われているみたいですが、違うんです。 好きなのも得意なのも風景ではなくてモノです。 表情を撮らえたモノだったり、その場の温度や物の質感が写り込んだ写真が好きです。 とか言っても撮ってるのは圧倒的に風景なんですが。 今のところ、なんか違うんだよなぁと思いながら風景写真も撮っています。 嫌いではないんだけど

蔓延るジェンダーの罠

自分の中での男女の意識の埋め込みは生まれた瞬間から始まります。 もしくは生まれる前からかもしれません。 産婦人科の先生にお腹の赤ちゃんは女の子ですねと言われれば、女の子らしいピンクのベビー服を買い、女の子のそれなりの人生を想像しながら産まれる日を待ちます。 そして、無事にその日が来ると戸籍に女と評され正式に生物学的性別が女とされるので

さるびあ丸のデッキから見た青

島旅の何が好きかって? 船に乗れるから好き!大海原にぽつんと浮かぶ船に乗り、渡る海や島々をただひたすら眺める最高の時間。 出来る限り高速船ではなく、時間をかけて行く大型フェリーで海での時間の移り変わりを見て行きたい。 船上での時間は島旅の中でもかなり重要で楽しみな時間です。 今年の夏に思い付きで行った伊豆諸島の式根島の行きは高速ジェット

好きなことを続ける理由

好きな事がありそれを続けている人は本当に幸せ者だと思います。 例えそれが他の誰かに認められなくても、お金がかかる事で出費だけが多くかさんでも、 その好きな事をしている時間以外は不幸せであっても。 自分はこれが好きだと言えるものが一つあるだけで、その人は疑問の多い人生の中で意味あるものを見つけた事になるのではないかと思います。 ただ、その

書くことの弱さ

名だたる文豪達の中には、己が生きる俗世間に嫌気がさしてこの世を自ら去った者が少なくありません。 有名どころでは川端康成、三島由紀夫、芥川龍之介、そして私が好きな中二病 太宰治などです。 好きだから言うのですが、太宰治なんかはもう手に負えない子供が無理に大人になってしまったような面があると感じています。 太宰に限らず社会的に大人と呼称され